500文字くらいの日記

話も文章も長くなるので短くまとめる訓練をしたい

「鬼滅の刃」の説得力

昨日から「鬼滅の刃」をみている。前情報のハードルが高すぎて、これが楽しめなかったらわたしの人生における娯楽の可能性が狭まりそうで避けていた。実際には、まー面白かった。まずアクションアニメで凄く動きが多いのに超美麗映像。そして、おそらく原作…

ハンズリガード

ハンズリガードという言葉がある。赤ちゃんが初めて自分の手を自分の意思で動かせるものだと認識するというものだ。ということは、ハンズリガードまでと、それからしばらくは、赤ちゃんは自分と他者の区別が付いていないということだろうか。あんなに至近距…

家への愛着

引越してから2週間が経った。初めは「家に帰る」という行為に対して、穏やかな感覚がなかなか芽生えず、旅行先で連泊するホテルに帰るような、避難基地のような心持ちでいた。たぶん、これはソトで嫌なことがあったりして、相対的に家の安全性が上がることで…

人間1人は白熱球1つ分

図書館で「お店の解剖図鑑」という本を借りてきた。ファーストフード、創作和風料理屋、カフェなどの建築・インテリアにおけるあるあるが詰め込まれていて、しかもその視点が、作り手からの目線のはずが少し皮肉めいていて笑ってしまった。温度管理について…

「僕だけがいない街」

「僕だけがいない街」のアニメを全部みた。ここ一年くらい、フィクションにおける道徳・倫理的な「語り」が、右から左とすり抜けていくばかりで染みてこず、スキップばかりしていた。映画とか創作物においてスキップするって本当やっちゃいけない御法度なの…

収納

引越しの荷解きは終わったが、今後もっと楽にやりたいなという気持ちを再確認した。例えばキッチンの収納ひとつとっても、ストックしている乾物をでかいかごに入れているが、それだと入る段ボールが限られるし、蓋がないので上にあまり不用意なものは入れら…

引越し

昨日は引っ越しの荷物の積み込みだった。4日くらい準備に充てられたので、2日はダラダラして、2日でセイヤっと荷物をまとめた。無計画なので、捨てるはずの瓶とかペットボトルが捨てられておらず、普通に何箱か埋まった。あとでかいクッションだけで一箱消費…

「バビロン」をみた

アニメ「バビロン」をみた。アマプラには今のところ11話までしか公開されていないので、そこまで。自殺する自由を法的に認める、自殺法の是非を問うていくアニメだ。最初は革命家によって打ち立てられた突拍子もない法律が、次第に世界へと広まっていく。自…

胃カメラ

人間ドックに行った。何が恐ろしいか?胃カメラである。胃の中を見たいな、そうだ、食道からほっそい管を入れてちっさいカメラで撮影すればよくね?と考えた奴は幼少期に頭を強めに打ったのか?しかもいうて管そんなに細くないし。タバコくらいあった。前処…

感情と状況を切り離す

年末くらいからずっと忙しく、大した消費もせず生きている。忙しいから消費ができないというのは甘えだな、Amazonでいくらでも買い物はできるし。物欲が刺激されるほどの情報に触れられていないと思ったが、これも甘えかな…。あれも欲しいこれも欲しいがカン…

先輩の病欠

今日、先輩が病欠した。先輩が居ないという不安と、先輩の穴を、この新人のわたしが埋められるのだ、という承認欲求の充足とで、プラマイプラくらいになった。なんと浅ましい人間だろうか。そういう人間が一番嫌いだったのに、自分がそれになってやがるな。…

心が行ったり来たりする

転居先も決まって、パートはあと1週間で勤務が終わる。仕事を辞められるのは嬉しいが、職場環境が良かったので、この先これ以上の場所で働けるのか?という不安もある。しばらく夫の給料だけで生活していくのも不安だ。東京に住めるのは楽しみだが、土地勘も…

言葉が溢れるようになりたい

腰回りがだる重く体が悲鳴を上げている。こんな時は何も考えたくないと思うが、こんな時こそ言語化しておいた方が良いような気がしている。自分の考えを言葉にするのが苦手で、というか大体何も考えていない。たくさん本を読めば、自分の中に言葉が溜まって…

連勤術師

午前中、忙し過ぎてかなりでかめのため息連発して悪かったな… どんな時も飄々と仕事したいよ— すみやま (@primula744) 2020年1月8日朝目が覚めたとき、「今日は休みだよね!?」と体がやんややんや言ってきましたが、仕事だったのでした。なぜ体が休みだと認…

選ばなかった未来

帰り道にいつものバスを降りて、走り去る「3」のバスの後ろ姿を見ながら、「あのままバスに乗っていたら、今頃あの辺りにいるんだな」と何となく立ちつくしたまま思った。バスはどんどん離れていって、乱視のわたしにはどれがどのテールランプだか、あっとい…

タダで気を使いたくない

気をつかうことをデフォルトで求められると、あまのじゃくなのでかえって気付かないふりをすることがよくある。大きめの独り言とか、話しかけて欲しそうな視線とか、これ以上は踏み込まないでくださいというバックステップとか。特に何か言い訳をしている人…

ぼんやり指で触る

わたしは夫のことが好きなのか?と疑問に思うことが多かった一年だったような気がする。気づけば7年も一緒にいて、出会った当初からずっと「兄妹みたい」と言われてきた。なんとなく飽きてきたような気もするし、意地悪な気持ちになることが増えてきて、これ…

クリスマスランチ

今日はクリスマスランチビッフェを食べたあとに生理痛がひどくなり、そのまま帰宅した。薬を飲んで2時間しても効かず、いかんとはわかりつつ二度目の服用。いつのまにか寝ていて、悪夢を見て目が覚めた。ぐっすり眠ったからか頭がギャンギャンに回転して眠れ…

過集中の日

頭の中で色んな考えが暴走して眠れなくなる日がある。もう何年もこの体と生きてきたので、なんとなく今日はそういう日だな、というのがわかる。インターネッツでニュースや表現物を見て聞いて、何か言いたくなるが、何か言いたくなったら負けか?とも思う。…

BotWか寝るかという生活

むかしむかしあるところに、アマゾンサイバーマンデーという安売り期間がありました。その時、すみやまはSwitchのソフト、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドを購入しました。そのあとはもう言わなくてもわかりますね。のちに「ゼルダ恐慌」と呼ばれる時代の…

友人の妊娠

友人が妊娠したらしい。初めて聞いた時は、自分だけ忘れ物をした時のような隔絶感があった。でもそれ以上に、彼女に子供が出来たことが本当にびっくりするくらい嬉しかったし、ちゃんと人の幸せを心の底から喜べた自分に安堵した。子供が居なくても幸せにな…

大人は小傷で騒がないらしい

手指の乾燥がひどく、おかげさまで紙やら薄い段ボールやらが手の上を滑るたびに怪我をしています、おかげさまで?それとは別に慌てすぎて普通にハサミでばっつんと指を切ったりもしている。しかし大人になるとそんな小傷で騒ぐこともできないので、ひとりで…

恋は雨上がりのように

夫の転勤が決まり、じわりじわりと良くも悪くもストレスがかかっているのを感じる。新天地に行くのは楽しみだし、わたしのように不器用な人間は全てをリセット出来る機会は喜ばしいものでもある。ただ、なんとなく胃のあたりに不安や焦燥が溜まってきている…

自己暗示の強い人

自己暗示の強いタイプというのがいる。この人のことが好きだとか嫌いだとか、自分は価値のある人間だとか。そういうことをただ単に「思う」だけではなく、さらにそれを自覚することにより自転車を漕ぐように両輪でもって加速度的にその思考を強める。逃した…

ラバーダッキング

ラバーダッキングに興味がある。すあだが幼少期からずっとぶたたんわんたんと一緒にいて、もはやぬいぐるみが無くとも会話ができると話していた。この2人が居なかったらどうなっとったかわからん、と言っていた。私はこれまで出来るだけ何も考えず嵐をやり過…

思い出したこと

重度の認知症でただえさえ手のかかる父親が病気が治りますようにと何時間も仏壇にお祈りをするようになり、介護している息子は疲れ果てもういつ父親が死んでも構わないと思い詰めている、という話を聞いた。動揺してしまった。私の兄が学校に通えなくなった…

地元で友人に会う

今日は友人に会った。久し振りに会う人とは近況報告ばかりが先立ち、昨日あった面白いこととか、最近観ているドラマの話など些事になかなかギアを変えられない。そこをもっと意識的にやりたいなと思った。帰宅して実家に増えたでかいソファに寝そべってサッ…

近親者の死はスピリチュアルな気持ちになる

血の繋がりを意識するのは、近親者が亡くなった時ですよね、という話をした。身内が亡くなった時は、悲しむ暇もないほどの手続きや儀礼などにおける膨大な意思決定が必要になり、自分が2人欲しい!みたいな状況になる。そういう嵐のなかに、年齢や立場に関係…

激怒しています

インターネット嫁の三大あるあるの「義母のアポ無し訪問(実際は30分前)」を現実に召喚されたので、夫にバチバチにキレた— すみやま (@primula744) 2019年11月3日今日はこういう日でした。ツイート埋め込みという機能を使ってみたかった。義母は良い人だけ…

人をありのままに喜ぶ

風邪が治った。わたしは体調を崩したときに身内からあまり心配されず、職場の人とか、遠い関係の人からベタベタに甘やかされる人生だなと思った。普段身内に対して冷徹な態度でいることが多いから、具合の悪さが伝わらないのかもしれない。先週は友人に会っ…